トップページ最新トピックス


渡辺良正祭事スケッチ

古態をとどめる貴重な年越しの行事
来訪神の祭り

全国的に有名になった秋田県男鹿半島の「なまはげ」。一方で生活スタイルの変化により呼ばない家が増えたり、継承者がいなかったりと、存続が年々難しくなってきている。・撮影:渡辺良正
大晦日の夜に家々をめぐるなまはげ。子どもにとっては恐ろしい存在だが、迎える家では、酒や料理を用意して「なまはげ」をもてなす。・撮影:渡辺良正
  元旦は祝日である。春夏秋冬、季節がはっきりしている我が国では、古来太陽光が弱くなる冬至を過ぎて新年を迎えた。加えて日本列島は地勢の変化に富み、それぞれの地域に生活した人々の歴史も長く、正月神事は、地域によって様々に変化した。その中から古来の古い信仰を守る来訪神の祭りから二つ選んだ。
なまはげ
一二月三一日夜 秋田県男鹿市
としどん
一二月三一日夜 鹿児島県薩摩川内市下甑町
 今日、わが国では、正月神事が盛んである。元日を迎えて神々は大忙し。古来の火の神、水の神、諸々数多の鬼神、獅子神はもとより多彩化した庶民の願いに応じ、神々も対応してくれる良き時代に遭遇している。

「としどん」に日頃の行いを戒められた後、ご褒美のトシモチを背中にのせてもらう子ども。・撮影:渡辺良正
場所
なまはげ:JR男鹿線男鹿駅下車
としどん:JR鹿児島本線串木野駅下車串木野新港より船
祭日
12月31日夜

新着情報

平成30年度生活芸術講座

國學院大學院友会と共催で、「公開講座」として開催い たします。開催会場はいずれも國學院大學院友会館(東京都渋谷区)です。
第1回「宗像・沖ノ島祭祀遺跡と古代祭祀」
 宗像・沖ノ島の古代祭祀の実態はどのようなものだったのか。列島内各地に残る祭祀遺跡の最新研究と「皇太神宮儀式帳」が記した古代の祭式を手がかりに考えたいと思います。
開催日
12月9 日(日)14:00 ~ 16:00
定 員
30 名
参加費
2,600 円
第2回「投扇興を愉しむ」
江戸時代後期に創作されたと伝わる「投扇興」。儀礼文化学会方式に従い、新年を古典遊戯で愉しむ。
開催日
平成31年1月20日(日)14:00 ~ 16:00
定 員
30 名
参加費
3,300 円

平成30年度秋季学術大会

 平成30年度の関西支部秋季学術大会は12月8日(土)、松尾大社参集殿にて開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

平成30年度の専修ゼミについて(終了しました)

 今年度も研究科だけでなく、一般の会員も専修ゼミに参加できます。ぜひふるってご参加ください。【開催日】6月23日・7月28日・9月22日・10月27日、いずれも土曜日、午後1時20分より

催しものについて

 平成30年度の催しものをアップしました。皆様のご参加をお待ちしております。

第38回儀礼文化学会学会春季大会(終了いたしました)

 第38回の儀礼文化学会春季大会は4月22日(日)に開催いたしました。会員皆様の交流の場として、今年も多くのご参加ありがとうございました。
 今回の催しものは、「〈三曲〉~糸の調べ」でした。なお、大会に先だって午前中には一般社団法人の社員総会も開催されました。

大会次第

期日
平成30年4月22日(日)
午後1時開会
歓宴終了予定は午後4時30分です。
会場
明治記念館(富士の間2)
東京都港区元赤坂2-2-23
電話03-3403-1171
JR中央本線(中央・総武線各駅停車)信濃町駅下車徒歩3分
地下鉄銀座線・半蔵門線・大江戸線青山一丁目駅下車徒歩6分
地下鉄大江戸線国立競技場駅下車徒歩6分
催し
「〈三曲〉~糸の調べ」
実演 日本三曲協会

      日本三曲協会
歓宴
和食洋食ビュッフェスタイル(富士の間2)
参加費
10,000円(当日会場にて申し受けます)


  このページの上へ戻る / トップページへ戻る / 渡辺良正祭りスケッチアーカイブズ(儀礼文化学会歳事記)を見る

最終更新日:2018年12月4日