トップページ最新トピックス


渡辺良正祭事スケッチ

華やかにして激烈なる闘争の秋祭り
灘のけんか祭り

「お旅山」で大勢の観客が存分に楽しむ・撮影:渡辺良正 日本海に面した島根県美保関町(現在、松江市)は、古来、港町として栄え、遠い昔、日本国形成の一翼を担った「国譲りの神話」の舞台であり、4月7日に行われる青柴垣神事は、その神話が今も土地の人々に信仰されている事を伝えて興味深い。
 氏子の中から選ばれた二人の当屋が祭りの主役である。1年間、風土に根差した様々な祭りのしきたりを守らなければならない。そこに日本民族固有の信仰の根源が含まれている。
 満願の日、風格ある華麗で古風、由緒ある祭具に囲まれ、伝統ある神事に集まってきた氏子たちに祝福され、厳粛に祭りが進められる。
 神話さながらに、榊で飾られた船が祭りの関係者を乗せて走り、美保神社へ戻ると海難、火難、病難などあらゆる厄災から逃れるための祈りを土地の神様に祈り、祭りを終わる。

神輿が激突を繰り返し観客の目を驚かす・撮影:渡辺良正
場所
兵庫県姫路市白浜町 松原八幡神社
祭日
10月14、15日

新着情報

平成29年度秋季学術大会

 平成29年度の関西支部秋季学術大会は12月2日(土)、松尾大社参集殿にて開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

平成29年度の専修ゼミについて

 今年度も研究科だけでなく、一般の会員も専修ゼミに参加できます。ぜひふるってご参加ください。

催しものについて

 遅くなりましたが、平成29年度の催しものをアップしました。皆様のご参加をお待ちしております。

第37回儀礼文化学会学会春季大会(終了しました)

 第37回の儀礼文化学会春季大会は4月23日(日)に開催いたします。会員皆様の交流の場として、今年も多くのご参加をお願いいたします。
 今回の催しものは、「舞楽―悠久からの贈りもの」となっています。なお、大会に先だって午前中には一般社団法人の社員総会も予定されています。

大会次第

期日
平成28年4月23日(日)
午後1時開会
歓宴終了予定は午後4時30分です。
会場
明治記念館(富士の間2)
東京都港区元赤坂2-2-23
電話03-3403-1171
JR中央本線(中央・総武線各駅停車)信濃町駅下車徒歩3分
地下鉄銀座線・半蔵門線・大江戸線青山一丁目駅下車徒歩6分
地下鉄大江戸線国立競技場駅下車徒歩6分
催し
「舞楽―悠久からの贈りもの」
実演 小野雅楽会

      小野雅楽会
歓宴
和食洋食ビュッフェスタイル(富士の間2)
参加費
10,000円(当日会場にて申し受けます)

儀礼文化学会ニュース200号

 おかげさまをもちまして、平成27年12月15日発行の「儀礼文化学会ニュース」が200号の節目を迎えました。200号ではこれを記念して、特集ページを挟みました。ぜひご覧になってください。


































  このページの上へ戻る / トップページへ戻る / 渡辺良正祭りスケッチアーカイブズ(儀礼文化学会歳事記)を見る

最終更新日:2015年4月28日