トップページ儀礼文化歳事記津和野の鷺舞

津和野の鷺舞

―7月20日・27日―
優雅に神社境内で舞う白鷺 津和野町の各所を舞い巡る
優雅に神社境内で舞う白鷺
津和野町の各所を舞い巡る
 純白の大きな羽を広げ、雌雄の鷺役二人がゆっくりと優雅に舞う。舞い人を囲んで笛、太鼓、鉦、鼓の囃し方、そして数人の唄方が取り囲む。
橋の上におりた 鳥はなん鳥 かわささぎの かわささぎの ヤーかわささぎ さぎが橋を渡した さぎが橋を渡した……
 夏の強い日差しが木々の葉を通して射し込む神社境内の明るい広場や、町の辻角などで、大勢の氏子に囲まれながら、終日繰り返して舞う。
 暑苦しい夏の邪を祓い、無事健康に生きることを願った、昔の人の信仰の名残を今に伝える祭りである。国の重要無形民俗文化財に指定されている。
島根県鹿足郡津和野町 弥栄神社




 このページの上へ戻る  /  トップページへ戻る  /  儀礼文化歳事記へ戻る


最終更新日:2014年6月17日
一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188  WEB http://www.girei.jp/  MAIL jimu@girei.jp