トップページ儀礼文化歳事記「山形県置賜地方の獅子踊り」

「山形県置賜地方の獅子踊り」

―小松豊年獅子踊 大光院(上小松)その他 8月16日  諏訪神社(上小松)その他 8月27日―
―中獅子踊り 中地区公民館等 8月14日―
小松豊年獅子踊・撮影:久保田裕道
「小松豊年獅子踊」の火の輪くぐり

燃えさかる火の輪をくぐる獅子

  まるでサーカスのようだ。燃えさかる火の輪に向かって獅子が走り出し、一瞬の間にくぐり抜けた。
 山形県の川西町に伝わる「小松豊年獅子踊」である。東日本に数多く分布するいわゆる三匹獅子舞の一つ。
 関東では、獅子がお腹につけた太鼓を叩きながら踊るのが一般的だが、ここでは仲立・花笠・早乙女の七人が太鼓を叩き、獅子とともに踊る。このサーカスのような火の輪くぐりが見られるのは、「中の庭」という演目の終盤だ。牡獅子・牝獅子・供獅子のうち、火に向かうのは牝獅子である。
 ほかに隣接する飯豊町にも、輪くぐりをする「中獅子踊り」がある。現在は布を巻いた三つの輪をくぐるが、火の輪を使う年もあったという。輪くぐりにも驚くが、それ以上に注目すべきは、大人も子どもも皆で地区を廻って各所で演じている光景だ。日本の夏の一コマが、こんな形で残っていることが何とも嬉しい。

中獅子踊り・撮影:久保田裕道
「中獅子踊り」ではこの輪をくぐる

小松豊年獅子踊
大光院 JR米坂線「羽前小松駅」下車 徒歩15分
/諏訪神社 JR米坂線「羽前小松駅」下車 徒歩26分
中獅子踊り
中地区 JR米坂線「萩生駅」下車
写真と文章:久保田裕道



 このページの上へ戻る  /  トップページへ戻る  /  儀礼文化歳事記へ戻る


最終更新日:2020年7月7日
一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188  WEB http://www.girei.jp/  MAIL jimu@girei.jp