トップページ儀礼文化歳事記白根大凧合戦

白根大凧合戦

―6月2~7日―
中之口を挟んで東軍から大凧があがり西軍もこれに続く(撮影:渡辺良正) 旗を合図に各組凧糸を引き合う(撮影:渡辺良正)
中之口を挟んで東軍から大凧があがり西軍もこれに続く
旗を合図に各組凧糸を引き合う
 江戸時代中頃始まった凧合戦は、繰り返されるうちに様々なルールが決まり、伝統の大凧合戦として盛大に行われるようになった。
 縦7メートル、横5メートル、畳24枚分の大凧が、描かれた勇壮な武者絵とともに地上からゆらりと空へ舞い上がる。中之口川の対岸からも、それっとばかりに同じ大きさの大凧が後を追う。両岸の大勢の見物人が歓声を上げて見守る。
 舞い上がるのが目的でなく、けんかするために舞い上がった大凧は、空の散歩もほどほどに、近づいては離れ、離れては近づいて糸を絡め合う。ハッピ姿の威勢のいいリーダーが、自陣に向かって、「ひっぱれやー」と声を張り上げ、対岸の敵に向かっては、「この野郎ー」と怒鳴る。大凧の長いロープに老若男女、子どもも加わって、「ワッショイ、ワッショイ」と綱を引く。昔は麻綱が多かったが、今はクレモナロープ「化繊」が多いとか。
 川面で大凧が互いに絡み合うと、両側から引っ張られ、たちまちバリバリと音を立てて砕け、白い火花が爆発、パキンと音高く糸が切れた。
「勝ったぞー」と一方の男たちが、万歳をして大喜び。片方は沈黙。期間中、舞い上がる大凧の数は数百枚。吹く風に慰められて再び挑戦する。
 巻凧と呼ぶ六角凧は、大凧より一回り小さいが、けんか凧で、期間中千数百枚も用意され、凧合戦を華やかにする。
JR新潟駅下車、バス白根線で五の町下車(50分)
新潟県新潟市白根
写真と文章:渡辺良正



 このページの上へ戻る  /  トップページへ戻る  /  儀礼文化歳事記へ戻る


最終更新日:2010年8月3日
一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188  WEB http://www.girei.jp/  MAIL jimu@girei.jp