トップページ儀礼文化歳事記「青柏祭」

「青柏祭」

―青柏祭 5月3日~5日―
玉せせり・撮影:渡辺良正
御祓川河畔の仙対橋付近に山車(でか山)が勢揃いし、祭りは最高潮に盛り上がる

日本一大きいと自慢の山車を曳き回す

 日本は自然に恵まれている。春夏秋冬季節を問わず、神々は美しい自然の中に鎮座、氏子の参拝を待っている。祭りともなれば、氏子集団は神々への祈りの代償に自ら精神潔斎し神々へ奉仕。日本一でかいと言う自慢の山車を、昔ながらの作法で組み立て、美しい人形を飾り、笛、太鼓でにぎやかに囃し、市中を練る。
 祭りは、神々への供物を青柏に盛った時代から始まったが、今は府中町、鍛冶町、魚町の三町に受け継がれ、共同でゴロン、ゴロンと巨大な木車を回して市中を曳き回し、祭りに訪れた人々を楽しませている。今やユネスコ(※)を通じて国際的にも広く知られ、世界の人々を祭日に招き、きびしい冬を耐えた人達と喜びを共有している。
※「青柏祭の曳山行事」は、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」の一つ。

青柏祭(山車)・撮影:渡辺良正
山車に飾られた人形

青柏祭
JR七尾線「七尾駅」下車 徒歩10分
写真と文章:渡辺 良正



 このページの上へ戻る  /  トップページへ戻る  /  儀礼文化歳事記へ戻る


最終更新日:2020年7月7日
一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188  WEB http://www.girei.jp/  MAIL jimu@girei.jp