トップページ儀礼文化歳事記「新潟県佐渡市小木地区・小木港祭り」

「新潟県佐渡市小木地区・小木港祭り」

8月最終土・日曜日
小木町の宿根木に伝わる「ちとちんとん」・撮影:久保田裕道
小木町の宿根木に伝わる「ちとちんとん」

人も鬼も獅子も踊りだす佐渡の夏

 佐渡は、芸能が盛んな島である。八月の終わり、かつて北前船で栄えた小木町でおこなわれている港祭りにも、さまざまな芸能が登場する。
 中でもユニークなのは、小木町の宿根木に伝わる「ちとちんとん」。由来を語る祭文読みと二人の鬼、そして「ちとちん」と呼ばれる男性と、「とん」と呼ばれる女性が登場する。「ちとちん」が大きな男根を持つのは、豊作を願うため、摺りざさらを持つ「とん」と共に踊る。本来は十月の祭礼で演じられるが、この港祭りにも登場して木崎神社に奉納されるのである。
 そして小木町の稲荷町から登場するのは「小獅子舞」だ。小木町には「大獅子舞」と呼ばれる大型のむかで獅子舞もあり、いわゆる三匹獅子舞を「小獅子舞」と呼ぶ。美しい胴幕と、一本角が特徴的だ。
 こうした様々な芸能は神社で奉納した後に、町に繰り出して各所で演じている。ゆく夏を惜しむかのように、小木町が芸能であふれかえる祭りである。

胴幕も美しい稲荷町の小獅子舞・撮影:久保田裕道
胴幕も美しい稲荷町の小獅子舞

新潟県佐渡市小木町 木崎神社ほか
【アクセス】直江津港より佐渡汽船ジェットフォイルで1時間15分
写真と文章:久保田裕道



 このページの上へ戻る  /  トップページへ戻る  /  儀礼文化歳事記へ戻る


最終更新日:2021年7月20日
一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188  WEB http://www.girei.jp/  MAIL jimu@girei.jp