トップページ儀礼文化歳事記御神火祭り「繞道祭」

御神火祭り「繞道祭」

―10月22日―
古来の作法により新しく起こされた火を、拝殿前で大松明に移す・撮影:渡辺良正
古来の作法により新しく起こされた火を、拝殿前で大松明に移す(上)
大勢の氏子がどっと駆け寄り、各自の火縄や小松明に火を移す(下)
大勢の氏子がどっと駆け寄り、各自の火縄や小松明に火を移す・撮影:渡辺良正

新しい年の初めを祝う勇壮な火の祭典

 元旦を迎えると地球上至るところで祝祭が始まる。人間はいつの頃から時を刻み始めたのであろうか? 洋の東西を問わず冬至を過ぎ、陽春に向かう頃を新年の始まりとしたことは興味深い。
 神話の時代から歴史がある奈良県桜井市大神神社の御神火祭りは、ドーン、ドーンと大太鼓が夜空に響き、拝殿前に参集した大勢の参拝者にあたらしい時が始まる緊張の瞬間を知らせる。
 神殿内では、神官、氏子代表らが厳粛な神事。巫女が鈴を振り舞う中、古来の作法により新しく起こされた火を持つ男が奥から走り出て、拝殿前に待機する大松明に火が移される。大勢の氏子がどっと駆け寄り、各自の火縄や小松明に火を移す。神官数名と奉仕者により大松明は近在する摂社末社19社を巡り、新しい火で新春を祝う。
奈良県桜井市三輪 大神神社
写真と文章:渡辺 良正



 このページの上へ戻る  /  トップページへ戻る  /  儀礼文化歳事記へ戻る


最終更新日:2016年12月20日
一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188  WEB http://www.girei.jp/  MAIL jimu@girei.jp