トップページ儀礼文化歳事記大原はだか祭り

大原はだか祭り

―9月23~24日―
 はだかの若者たちが神輿を担いで海へ入る「汐ふみ」(撮影・渡辺良正)
 はだかの若者たちが神輿を担いで海へ入る「汐ふみ」(上)
夜、小学校校庭で神輿を寄せる(下)
夜、小学校校庭で神輿を寄せる

勇壮な御輿と哀愁の調べ

 海の幸に生きてきた人々の大漁祈願、海上安全を祈る秋祭り。午前 中、氏子町内を回った大原地区の神輿が正午ごろ大原漁港へ集合、神事が行われる。神輿群は、近くの太平洋に面した遠浅の海で「汐ふみ」。裸の若者たちが神輿担いで海へ入る。代表が沖へ向かって扇を振り上げながら歌う。
  〜おらがちゃんだよ  だいと(岬名)の沖で
     まんまたくかよ  けむ(煙)がでる……
 漁に出たまま帰らぬ人々への供養の唄だ。一昔前まで沖漁は危険が多かった。
 夜になると、小学校校庭に再び神輿が集まり、グランドを駆け、立ち止まり,神輿を寄せては
  〜わけもんどんが  別れはつらい ヨイヨイ
  会うて別れがなけりゃよい……
 哀愁に満ちた調子で唱和する。漁に出たままもどらぬ男たちをしのぶ秋祭りである。
千葉県いすみ市大原
写真と文章:渡辺 良正



 このページの上へ戻る  /  トップページへ戻る  /  儀礼文化歳事記へ戻る


最終更新日:2015年6月16日
一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188  WEB http://www.girei.jp/  MAIL jimu@girei.jp