トップページ儀礼文化歳事記鞍馬寺竹伐り会式




鞍馬寺竹伐り会式
――6月20日――
稲荷大明神を先頭に、主人に挨拶して座敷に坐す
僧兵が気合いと共に小刀を振り下ろし、
竹を一節ずつ五段に切る
奴二人 おどけた所作で現れてまゆ棚を作り、神棚へ供えて豊作を祈願する
昔をしのばせる弁慶かぶりの僧兵たちが
二手に分かれて勢揃い
 源義経「牛若丸」の幼時の修行地として知られる鞍馬寺は、奈良唐招提寺の開祖鑑真和上の高弟、鑑禎上人が宝亀元(770)年、この地に毘沙門天王を祀ったのがはじまりとされ、京都市街北方の山間部にある。
 寛平年間(889〜897年)、護摩の行をしている峯延上人に、北の峰から大蛇が現れて上人に襲いかかった。上人は真言を唱えて調伏した。すると別の大蛇が現れたが、鞍馬の御香水を守護することを誓ったので上人に許され、里人に神として祀られたという伝説がある。前者の蛇が雄、後者の蛇が雌といわれる。竹伐り会式はこの伝説に因んで始まった。
 当日、本殿前に四本の竹が用意される。根のない太竹が雄大蛇、根のついた細い竹を雌大蛇に見立てる。
   江戸時代の中期ごろから法師たちが近江座と丹波座に分かれて勝負を争い、勝った方が豊作と、年占いになった。
 今では弁慶かぶりの僧兵たちが二手に分かれ、導師の合図で、「オー」とばかりに山刀を振り下ろして、竹を一節ずつ五段に切り、本殿内に走り込み、勝負を競う。

叡山電鉄出町柳駅から鞍馬線で鞍馬下車、徒歩35分
京都市左京区鞍馬本町 鞍馬寺





このページの上へ戻る
トップページへ戻る
一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188WEB http://www.girei.jp/MAIL jimu@girei.jp