トップページ儀礼文化歳事記山車競う挙母祭り




山車競う挙母祭り
―10月16・17日(第3土・日曜日)―
紙ふぶきを豪快に撒き散らしながら練る山車紙ふぶきを豪快に撒き散らしながら練る山車
 挙母(ころも)祭りは山車祭りである。八町から八台、各町自慢の山車が鐘やラッパで気勢をあげ、「オイサ、オイサ」と綱を引く若者たちの声も高らかに、紙吹雪を豪快に撒き散らしながら練り廻る。
 江戸時代、挙母城の城下町だった挙母地区は、矢作川の舟運で栄え、寛永7(1630)年には祭りに飾り車が登場、百年後には八町が揃い、さらに山車づくりを競い、今日の豪華な山車祭りとなった。
 山車は挙母型と呼ばれるように、幕と梶棒、六本柱の上山に特徴がある3層、神明造り。飾りの幕や山車の彫刻が精巧で、名のある彫刻師が歳月をかけてつくった逸品が多く、文化財としての評価が高い。
 初日の夜は挙母神社の境内で「七度参り」がある。氏子集団が町名入りの高張提灯をかざして、「オイサ、オイサ」の掛け声で気勢をあげ、走り、もみ合い、歌い、また走る。
七度参り
神社境内で高張提灯をかざし、オイサオイサの掛声で気勢をあげる「七度参り」
 本祭り当日、八台の山車は参道に勢揃い。宮神楽の奉納、神輿渡御の後、山車はそれぞれの町内へ。各町では謡曲「猩々舞」、「七福神」、「獅子」などが披露される。

名鉄三河線豊田市駅下車 神社へは徒歩10分
愛知県豊田市挙母 挙母神社





このページの上へ戻る
トップページへ戻る 儀礼文化歳事記へ戻る





一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188WEB http://www.girei.jp/MAIL jimu@girei.jp