トップページ儀礼文化歳事記神迎祭と神在祭




神迎祭と神在祭
―旧暦10月10日〜17日―
神迎祭 稲佐の浜から出雲大社まで進む 神在祭 全国から参拝に訪れる信者たち
 島根半島西端に鎮座する出雲大社の起源は古く、記紀の神話に始まる。御祭神は大国主命、旧官幣大社である。
 旧暦十月十日夜、日本海に面した稲佐の浜で、全国から集まられる神々を迎える神迎之神事がおこなわれる。旧暦10月となれば山陰地方は北西の季節風で海が荒れる。沖から竜蛇神セグロウミヘビが暗い海に光を放ちながら浜に寄るのを神々の先導役として祀る。波打ち際に注連が張られ、祭壇に神々を奉斎するヒモロギ二本。太鼓が夜空に響き、神官による神迎えの祝詞奏上。大勢の参集者も夜の海を渡ってこられた神々を迎えて手を合わせる。
 白い大きな布で囲みながら、白装束の神職たちが、笛・太鼓を奏しつつ、暗い夜道を約三キロ、出雲大社へと荘厳な御神幸が始まる。本殿両側に十九社ずつ、三十八社の末社に神々は鎮まられる。
 翌十一日から神在祭。伝承によれば期間中、神々は人生諸般について神議されるが、縁結びについて特に熱心との世評。福についても関心が深いとかで、信者は全国から参拝に訪れる。一方、地元の人々は神々の会議の邪魔にならないようにと歌舞を止め、期間中ひたすら身を慎むので、御忌祭と呼んでいる。

一畑電鉄出雲大社前駅下車 徒歩5分
島根県出雲市大社町 出雲大社





このページの上へ戻る
トップページへ戻る 儀礼文化歳事記へ戻る




一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188WEB http://www.girei.jp/MAIL jimu@girei.jp