トップページ儀礼文化歳事記伊雑宮御田植祭




伊雑宮御田植祭
――6月24日――
早乙女と田道人が田植を始めると、笛・太鼓・鼓の囃子にのって豊作を祈る古謡が夏空に響く 青竹が田に倒されると、裸の男たちが泥田の中で竹飾りを奪い合う竹取りの神事が行われる
早乙女と田道人が田植を始めると、
笛・太鼓・鼓の囃子にのって
豊作を祈る古謡が夏空に響く
青竹が田に倒されると、
裸の男たちが泥田の中で竹飾りを奪い合う
竹取りの神事が行われる
 古く「おみた」と呼ばれ志摩第一の大祭として近郊の人々に親しまれてきた伊雑宮御田植祭は、今、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
 広い神田を舞台に、古謡、楽入りで、華やかな装束の奉仕人たちが大地の実りの豊かさを祈って古式豊かに繰り広げる。
 朝十時頃、祭奉仕者一同、伊雑宮参拝。神事があり、修祓の後、御田へ向かう。
   えぶり指、田道人(たちど)、早乙女、ささら摺り、太鼓打ち、笛、太鼓(つづみ)、小鼓、謡方など一文字笠を頭に、古風な装束が夏空に映える。
 田道人、早乙女が手を取り合って苗場を三周半、苗取りが始まる。田道人が太一と記した大うちわを飾った十数メートルの青竹を杭から解き、三度あおいで御田に倒しかけると、待機していた男たちが裸姿で泥田に駆け込み、竹飾りを奪い合う。「竹取り神事」と呼ぶ。奪った一片は船霊に祀り、大漁と海上安全のお守りにされる。
 踏み荒らされた田をえぶりでならして田植が始まる。古雅な囃子が響く中、早乙女、田道人が一列に並んで植えていく。半分終わったところで小休止。その間、ささら方二人が進み出て、鼓役の「ヤーハー、オンハー」の囃しで田舞「さいとりさし」を舞う。
 午後三時頃、田植を終えて奉仕者一同、練りながら伊雑宮への踊りこみで祭を終わる。

近鉄志摩線上之郷駅下車
三重県志摩市磯部町上之郷 伊雑宮





このページの上へ戻る
トップページへ戻る 儀礼文化歳事記へ戻る





一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188WEB http://www.girei.jp/MAIL jimu@girei.jp