トップページ > 儀礼文化ニュース総目次 >昭和56年度 

儀礼文化ニュース

昭和56年度 |1号(6月) |2号(9月) |3号(1月) |4号(3月)
1号 昭和56年6月1日発行
『儀礼文化ニュース』創刊号
1面・意義深い「儀礼文化学会」のスタート
権威集まり盛大な発会式 4月12日明治記念館憲法審議の間で
【会長挨拶】「二十年の実績実る」明治神宮宮司 高澤信一郎
【理事長挨拶】「生活の中の日本文化を」國學院大学教授 倉林正次
「儀礼文化学会に期待するもの」早稲田大学教授 郡司正勝
「儀礼文化学会発足奉告祭」5月16日
とよのあかり(OK生)
2面・儀礼文化学会に各界の声
「大きな期待」二荒山神社宮司 喜田川清香
「『信』と『行』」善光寺大本願副住職 鷹司誓玉
「一端担う茶道」遠州茶道宗家事務局長 戸川宗積
「崇高な雰囲気」能楽協会事務局長 中村俊章
「大きな窓に」東京国立文化財研究所芸能部長 三隅治雄
「新国民運動へ」近茶流宗家 柳原敏雄
学会活動(6・7・8月)
9月以降の主な活動
3面・夏の催事―行ってみませんか
神社=出雲大社涼殿祭・熱田祭・平安神宮神苑菖蒲・山王祭・多賀大社御田植祭・住吉大社御田植神事・伊雑宮御田植祭・祇園祭・那智の火祭・出羽三山神社花祭・伏見稲荷本宮祭・天満天神祭・弥彦灯籠神事・阿蘇神社おん田祭・宇佐神宮御神幸祭・塩釜港祭り・厳島神社玉取祭・明治神宮御苑の菖蒲田
お寺=鞍馬寺竹伐り会・吉野山蔵王堂蛙飛・成田山祇園会・浅草寺四万六千日・善光寺びんずるまつり・九品仏お面かぶり・瑞巖寺施餓鬼会・化野念仏千灯供養
国立劇場=六月歌舞伎鑑賞教室等
能=銀座能楽堂定期公演・第四回納涼能
茶展=前田利常と小堀遠州展
4面・学会通信
「秋田路のまつり 角館神明祭へのおさそい」
祭り見学会参加者募集「九品仏と角館神明祭」
【会員だより】「わざの文化」埼玉県立民俗文化センター学芸員 大舘勝治/「役所と儀礼」埼玉県庁職員 大友務/「古文の心を」県立高校教諭 河合聖/「菖蒲湯とは」主婦 酒井貴美子/「身近な問題」中尊寺金剛院住職 破石澄元/「ルール学ぶ」マナー教室主催 村上侑美枝
2号 昭和56年9月1日発行
『儀礼文化ニュース』2号
1面
「祇園祭の神輿洗い」八坂神社宮司 鈴木日出年
   積極的な初の専門委員会~『儀礼文化事典』の編纂を承認、季刊『儀礼文化』の性格を検討
【秘花抄】花柳流家元 花柳寿輔
「『祭り』と『お祭り騒ぎ』」理事長 倉林正次
とよのあかり(O生・K生・T生)
2面・活動報告
セミナー「浄土宗の儀式」大正大学教授 藤井正雄/「祭りの儀礼」鶴岡八幡宮宮司 白井永二
研究会「神社祭式の作法」國學院大学講師 沼部春友/「天台宗の儀礼」大正大学教授 木内堯央/「うたの場」國學院大学講師 木村重利/「今昔物語にみられる路頭儀礼―巻二十八「頼光郎党共紫野見物語第二」の解釈の方法として」國學院高校教諭 大塚修二
学会活動(9,10,11月)
12月以降の主な活動
3面・秋の催事
神社=鹿島御神幸祭・角館神明祭・藤崎馬祭・生國魂祭・生姜祭・石清水八幡宮祭・鶴岡八幡宮流鏑馬・岡崎祭・寒川祭・太宰府天満宮祭・阿蘇田実神事・宗像秋祭・北野瑞饋祭・長崎おくんち・金刀比羅宮祭・大山祇新穀祭・宇佐神宮放生会・稲荷秋祭・住吉相撲会祭・石上神宮祭・神嘗祭・熊野速玉御船祭・宝の市神事・東照宮千人行列・宇佐風除報賽祭・時代祭・鞍馬の火祭・宮崎神宮祭・二荒菊水祭・明治神宮秋の大祭・稲荷の御火焚・金刀比羅宮神事・出雲神在祭・熊野那智紅葉祭・西宮誓文祭・出雲大社古伝新嘗祭・香取大饗祭
お寺=太田呑竜開山忌・竜口法難会・四天王寺彼岸会・牛祭・本門寺御会式・善光寺御会式・東本願寺報恩講
新刊しょうかい 神道攷究会編『神道講座』(全六巻・別巻一)
4面・秋の催事、会員だより
「福島のまつり 相馬の野馬懸け」郡山女子大学付属高校教諭 佐藤重孝
【秋の催事】お茶=裏千家茶道資料館公開展示・裏千家供茶式・大日本茶道学会第二〇回温習会
お花=草月流展・蒼風の眼展
お能=特別鑑賞会宝生能楽堂・芸術祭宝生能楽堂
国立劇場=文楽公演・民俗芸能公演・邦楽鑑賞教室・日本音楽の流れ・雅楽公演・歌舞伎公演
【会員だより】「伝統文化を子へ」中村保子/「神楽に興味湧く」河合光恵/「神事の火を大切に」清閑寺幸子/「入会した喜び」青木伸二郎/「史実に新研究」青木やよひ/「生活の中に潜在」森松昌子/「五つの提言に魅力」高橋幸夫
3号 昭和57年1月1日発行
『儀礼文化ニュース』3号
1面
「新年を迎えて 『政始』から『奏事始』へ」儀礼文化学会会長 高澤信一郎
「『翁』について」解説:能楽協会事務局長 中村俊章/演者:能楽協会理事長:大坪十喜雄
「『あけましておめでとう』古代人の春を迎える喜びの声」理事長 倉林正次
「優者の倫理、弱者の権利」顧問 金春信高
「理事会 役員の増員可決」
とよのあかり(O生・K生・T生)
2面・活動報告
講座「『仏教儀礼の形と心』まず掃除、鄭重にもてなす」大正大学教授 藤井正雄/「床の間といけばな 日本独特の室内空間」日本華道大学学長 北條明直
研究発表「天台宗の密教儀礼」大正大学教授 木内堯央/「民俗の地域制」埼玉県文化財保護課 大友務/「曹洞禅の儀礼」曹洞宗教化研究所講師 中野東禅/「入家儀礼の諸相」埼玉県立民俗文化センター 大館勝治/「秩父の通過儀礼」埼玉県立歴史資料館 矢作尚也
学会活動(12、1、2、3月)
3・4面 第1回地方大会・祭り見学会(見る記・聞く記・味わう記)
【講演】「角館と神明祭」角館町鎮守神明社総代 陶日出男
みちのくの祭りに学ぶ 神明社の飾山(おやま)ばやし 秋田県角館町へ四十人参加の盛会
「祭りの心にふれて」(「本当の祭り」中村富美/「祭りに参加」大野弘道/「珍しい飾り山」尾崎定輝)「旅の印象・町の印象」(心の故郷に」藤井正雄/「心の暖かさ」前澤禮子/「角館で見たこと」松田義雄)「催しに感謝」(「秋雲の漂い」木曽かをり/「楽しい旅」酒井貴美子)
【アンケート】越智幸雄・青木やよい・山田実・栃原嗣雄・平野雅章・森淳子・田沢静枝
昭和57年度地方大会・祭り見学会「大津の日吉山王祭」
5面 新春の催事
「つもごりの夜の魂まつり」石田
【秋の催事】神社=羽黒山松例祭・鎮火祭・祇園おけら祭・三輪繞道祭・玉取祭・住吉踏歌神事・今宮十日戎・熱田踏歌祭・出雲大社福神祭・春日万燈祭・橿原神宮紀元祭・北野梅花祭
お茶=遠州忌
お花=蒼風の眼展・多摩地区草月展
お能=第九回都民能・第二十二回式能
国立劇場=歌舞伎公演「象引・吉様参由縁音信」・民俗芸能公演「日本の民俗劇と人形芝居の系譜~新旧からくり人形芝居の世界」・文楽公演「近松名作集」
「明治神宮の正月の行事」横綱土俵入り、全国少年新春書道展、杖術奉納、氷の彫刻展、元服式、百手式、大的式
お寺=おびんずる回し・西本願寺報恩講・常行堂大法会・長谷寺だだ押し・西大寺会陽・五大力尊仁王会
6面 会員だより等
「吉備の祭り・七十五膳据え」岡山市立石井中学校教諭 内田一正
文化功労章「本学会顧問米川文子氏の誉れ」
弔事
【会員だより】「日本の型を確認」本郷ひろ子/「生活の形」山田馨/「講座を聴講して」河合啓子/「機能と形式」富永邦雄/「さわやかな祭り」宮崎糺/「落ち着いた雰囲気」長井睦子/「儀礼の心」今井規雄/「祭りの印象」道坂春雄/「楽しい手だて」勝山高
【話のくずかご】
事務局より
4号 昭和57年3月20日発行
『儀礼文化ニュース』4号
1面
「新年度へ早くも活動を開始」(儀礼文化学会初年度の振り返り)
「日吉山王祭」すべて見るのに七年かかる男神女神が麓の里で一夜を
「伝統と開顕」増上寺法主・顧問 藤井實應
とよのあかり(S・K/H・M/S・O)
2面・活動報告
講座「芸道という折り目と躾とについて」玉川大学教授 上原輝男/「室町時代の茶儀について」大日本茶道学会会長 田中仙翁/「立ち居・振舞いの実際」小笠原教場家元 小笠原清信/「祭りは日本文化の母胎」國學院大学教授 倉林正次
セミナー「小笠原教場」「今日庵道場」
研究発表「真言宗の儀礼―法会(二箇法要)とその基本理念―」大正大学講師 栗山秀純/「神がかりの儀礼―大元神楽を中心に―」国立劇場芸能調査室 北潟義久/「芸能としての予祝行事」神奈川県立翠嵐高校教諭 石井一躬
3面 春の催事
神社=明治神宮春の大祭・厳島島廻式・鹿島祭頭祭・春日祭・阿蘇神社の春の神事・美保神社青柴垣神事・金刀比羅宮桜花祭・熊野本宮祭・多賀祭
お茶=遠州流「流祖忌の茶会」東京美術倶楽部/「献茶」薬師寺/「献茶」法華寺・黄檗文化展「書画 展観と煎茶道紹介」
お花=草月展
お能=定期公演(47回)銀座能楽堂
国立劇場=歌舞伎公演「南総里見八犬伝」「天満宮菜種御供」・日本舞踊の流れ「飛ぶ・跳ねる」「歌舞伎舞踊」
「花迎え―春迎え」木村
お寺=薬師寺花会式・輪王寺強飯式・西大寺大茶盛・壬生大念仏
4面 会員だより等
「ときわ路のまつり・金砂の由来―七十三年に一度の大祭礼」地方公務員 萩谷暎 夫
「儀礼文化講座受講者アンケートより」
弔事
秩父囃子が家庭用ビデオに
【会員だより】「小さな楽しみ」坂本洋子/「ゆとりある心」中川かおる
春たけなわの近江路へ「山王祭と延暦寺見学―第2回地方大会へのお誘い―」
事務局より
儀礼文化ニュース総目次へ戻る