トップページ過去の催しもの平成19年度催しもの案内



平成19年度催しもの案内



A.儀礼文化講座B.儀礼文化教室C.儀礼文化セミナーD.儀礼文化研究会

A.儀礼文化講座

 儀礼文化を体系的に学習するために、生涯学習講座カリキュラムに基づいて開講します。本講座は本科学修教科の各単元課目を学びます。生涯学習カリキュラムがご不明な方は、事務局までお問い合わせのうえ、資料をご請求ください。
 平成18年度は5月から毎月第2日曜日に開催いたします(8月と1月を除く)。

時 間専門講座 14:00~16:00(120分)
会 場儀礼文化学会 研修室
受講料会員の受講料は次のとおりです。
全9回/18,000円
分割前期/8,000円 分割後期/10,000円
単科 専門講座(120分)/2,600円

期日 内容 講師







5月13日(日) 儀礼文化論 年中行事の考現学 國學院大學 名誉教授
 お宅に年中行事はありますか。現代の年中行事の様相を探り、旧暦の頃の行事と比較して、これからの「わが家の年中行事」の姿を考える。倉林 正次
6月10日(日) 儀礼文化史 ねぶたの起源と信仰 國學院大學 講師
 青森県のねぶた(ねぷた)祭について、その起源である「眠り流し」や盆灯籠との関わりを踏まえ、資料・映像を用いて検証する。 久保田裕道
7月8日(日) 茶道 遠州七窯の虚実-茶陶から見る遠州の美意識- 遠州流茶道 家元主鑑
 遠州七窯とは、小堀遠州が好みの作品を焼かせた国焼の7つの窯をいうが、そこに見られる「綺麗さび」の美意識について考える。 浅井 宗兆
9月9日(日) 短歌 童謡(ワザウタ)の位相 國學院大學 教授
 童謡(ワザウタ)の特徴は批評性と寓意性にあるが、神意との関わり等の問題も含めて、〈ウタ〉の特質を考えてみたい。 青木 周平







10月14日(日) 料理 器具と調理 辻留 主人
 調理の方法は、切る、煮る、焼く、蒸す、揚げる、炒める、和える、汁もの等があり、それぞれに調理器具がある。器具の良し悪しによって味が違う。 辻  義一
11月11日(日) 儒教 君子の条件-孔子の説く「人間の自覚」- 岐阜女子大学 教授
 『論語』は、君子に始まり君子に終わる書でもある。孔子が生涯を通じて探求した自覚的な人間〔君子〕像について考察する。 近藤 正則
12月9日(日) 武道 相撲に見る伝統の諸相 相撲博物館 学芸員
 大相撲では、さまざまな場面で江戸を感じることができる。これらの事例を紹介するとともに、祭礼の相撲から人々とのつながりを考える。 中村 史彦
2月10日(日) 神道 壮大な〈祓え〉の世界-大祓詞の構想- 國學院大學 講師
 大祓詞は吉田神道などを拠り所とした。ここにはいくつかの謎と魅力とがある。その〈天つ祝詞〉の構想と信仰とに迫る。 金子 善光
3月9日(日) 香道 香りは聞く 香道志野流 宗家
 香道における聞香の様式の多くは、古典を拠り所に沈水香木の香りを鑑賞する。その様式と香木のこと、香席における礼作法、焚香式などにふれてみる。 蜂谷 宗玄



B.儀礼文化教室

 儀礼文化教室は、儀礼文化の各分野について、より専門的な教養を深め、自己研修を行う場として開催いたします。
 平成19年度は、全6回にわたって講義をうかがいます。
 9月より毎月第2水曜日に開講します(1月は除く)。

時 間14:00~16:00
講 師元東京大学教授 酒井 信彦
会 場儀礼文化学会研修室(*昨年度と会場が変りましたのでご注意下さい)
受講料年6回 7,500円

 テーマ 歴史の中の朝廷


9月12日(水)
律令国家の変質-平安時代-
10月10日(水)
朝廷政権と武家政権の併存-鎌倉時代-
11月14日(水)
朝廷の分裂・統合と権力喪失-南北朝・室町時代-
12月12日(水)
経済的窮迫と文化への集中-戦国時代-
2月13日(水)
武家政権への従属と復活-江戸時代-
3月12日(水)
朝廷の終焉と皇室の存続-明治時代-
 儀礼文化教室は、儀礼文化の各分野について、より専門的な教養を深め、自己研修を行う場として開催します。
 平成一九年度は、全六回にわたって講義を伺います。
 九月より毎月第2水曜日に開講します。(1月は除く)




C.儀礼文化セミナー

 生涯学習講座カリキュラムの本科実修教科の各単元課目を学びます。
 見学会・体験学習を行います。

期日 単元科目 内容 会場・定員・参加費
4月14日(土) 美の文化
-煎茶-
煎茶の魅力
 春季大会の出席で実修課目の煎茶の単位認定を行う。(講師:小川後楽)
会場 明治記念館
定員 20名
参加費 13,000円
5月20日(日) 美の文化
-華道・料理-
わが家の年中行事
 講演「わが家の花のカレンダー」(由水幸平)、「料理から見た年中行事」(柳原一成)、鼎談:由水幸平・柳原一成・倉林正次
会場 儀礼文化学会研修室
定員 30名
参加費 1,300円
7月22日(日) 美の文化
-現代礼法-
小笠原礼法を学ぶ
 現代における礼法とは何か。小笠原礼法の基本を学ぶ。
会場 明治神宮
桃林荘
定員 30名
参加費 3,300円
10月28日(日) 美の文化
-フラワーデザイン-
マミフラワーデザインスクール
 マミフラワーデザインスクール川崎景介校長の講義と花の表演を行う。
会場 マミ会館
(大田区山王)
定員 30名
参加費 3,300円
12月6日(日) こころの文化
-修験道-
量覚院の祭り拝観
 量覚院で行われる柱源七十五膳神供を拝観する。
会場 秋葉山量覚院
(小田原市板橋)
定員 30名
参加費 1,300円
1月30日(水) 美の文化
-能狂言-
能・狂言の鑑賞
 
会場 国立能楽堂
定員 30名
参加費 未定


このページの上へ戻る
トップページへ戻る 過去の催しものへ戻る




最終更新日:2016年4月5日

儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188WEB http://www.girei.jp/MAIL jimu@girei.jp