トップページ過去の催しもの平成17年度催しもの案内



平成17年度催しもの案内



A.儀礼文化講座B.儀礼文化教室C.儀礼文化セミナーD.儀礼文化研究会

A.儀礼文化講座

 儀礼文化を体系的に学習するために、生涯学習カリキュラムに基づいて開講します。本講座は本科学習教科の各単元科目を学びます。生涯学習カリキュラムがご不明な方は、事務局までお問い合わせのうえ、資料をご請求ください。
 平成17年度は5月から毎月第2日曜日に開催いたします。

時 間専門講座 14:00~16:00(120分)
会 場儀礼文化学会 第一研修室
受講料会員の受講料は次のとおりです。
全9回/18,000円
分割前期/10,000円 分割後期/8,000円
単科 専門講座(120分)/2,600円

期日 内容 講師







5月8日(日) 儀礼文化論 儀礼文化と生活の古典 國學院大學 名誉教授
儀礼文化の「善美なるもの」の理念を探る。倉林 正次
6月12日(日) 料理 料理用語からみた江戸文化 近茶流 宗家
料理用語には江戸文化を背景にした微妙な表現がこめられている。 柳原 一成
7月10日(日) フラワーデザイン その理論と構造 Bellフラワーズ 主宰
デザインする空間・目的・用途によりその構造を考える。 上田美都子
8月14日(日) 茶道 幽玄とわびの世界 茶道資料館 館長
「能楽」と「茶道」の相関性を考証する。 筒井 紘一
9月11日(日) 神道 神道の種類と本質 國學院大學 名誉教授
神社神道・教派神道・民俗神道の特色と3者共通の本質を論じる。 平井 直房







11月13日(日) 有職故実 現代皇室の儀式と装束 有職文化研究所 主宰
皇室の儀式に用いられる宮廷装束について解説する。 仙石 宗久
12月11日(日) 道教 道教の祭祀儀礼 國學院大學 助教授
皇室の儀式に用いられる宮廷装束について解説する。 浅野 春二
2月12日(日) 新宗教 平和な社会でありたい 立正佼正会 理事長
拠り所を法華経に求める立正佼正会の歴史と現在について論じる。 山野井克典
3月12日(日) 香道 香を聞く 香道志野流
組香の一つを取りあげて、香の世界を楽しむ。 蜂谷 宗玄



B.儀礼文化教室

 儀礼文化教室は、儀礼文化の各分野について、より専門的な教養を深め、自己研修を行う場として開催いたします。
 平成17年度は、仏教をテーマとして、全6回にわたって講義をうかがいます。
 9月より毎月第2水曜日に開講します(1月は除く)。

時 間14:00~16:00 
講 師大正大学名誉教授 藤井 正雄
会 場高岩寺十福苑(とげぬき生活館)2階 山手線巣鴨駅下車徒歩5分
受講料年6回 7,500円

 テーマ 仏教と生活


9月14日(水)
仏教伝来の意味を考える
10月12日(水)
「無記」の意味、教義仏教と生活仏教の区分
11月9日(水)
仏教儀礼の意味を訊ねる
12月14日(水)
変化する現代人と儀礼文化
2月8日(水)
「死」の尊厳
3月8日(水)
「生」の尊厳
 仏教には教義仏教と生活仏教の両面がある。人生はいかに生きるべきか、仏の教えを中心に据えてこれに学ぼうと試みるのが競技仏教であり、実際の生活の中に仏教の教えをどのように生かしていったらいいのかを考えるのが生活仏教である。いうまでもなく、生活仏教は教義仏教に意味づけを与えられてはじめて成立する。そして、儀礼文化は生活仏教を通して構築されてきた経緯がある。本講義は従来教義仏教から説かれてきたものを、生活に則して考えてみるところに特徴がある。




C.儀礼文化セミナー

 生涯学習講座カリキュラムの本科実修教科の各単元課目を学びます。
 見学会・体験学習を行います。

期日 単元科目 内容 会場・定員・参加費
5月15日(日) 美の文化
-華道-
龍生流いけばなを学ぶ
 龍生派の特色を講義し、花のデモンストレーションを行う。
会場 儀礼文化学会
研修室
定員 30名
参加費 3,300円
6月19日(日) くらしの文化
-生活工芸-
江戸飾り結びを作る
 基礎から応用までを学ぶ(とんぼ結び・あげまきなど)。
会場 儀礼文化学会
研修室
定員 30名
参加費 2,300円
9月24日(土) 美の文化
-文楽-
文楽の鑑賞
 
会場 国立劇場
定員 30名
参加費 未定
11月20日(日) 美の文化
-礼法-
小笠原流礼法を学ぶ
 立つ・座る・歩く・まわるなどの基本動作を学ぶ。
会場 明治神宮
桃林荘
定員 30名
参加費 2,300円
1月16日(月) こころの文化
-仏教-
専修寺の御正忌報恩講
 祖師親鸞の忌日に行う仏事。16日は最終日で御満座と呼ぶ。(15日は熱田神宮歩射神事拝観)
会場 真宗高田派
本山専修寺
定員 30名
参加費 未定
2月19日(日) 美の文化
-古典遊戯-
投扇興
 遊戯文化研究会が主催し、投扇の遊びを楽しむ。
会場 明治神宮
桃林荘
定員 30名
参加費 2,300円



D.儀礼文化研究会

 本年度は神社・寺院をたずね、見学ならびに研究会を開催します。
 参加費は1300円です。

期日 内容 会場・発表者
6月5日(日)

14:00~17:30
 天王祭。当日は神輿が南千住を練り、神社に還御する。 素盞雄神社
(荒川区南千住)
宮司 能圓坊明彦
7月31日(日)

12:30~16:00
 国重要無形民俗文化財土師一流催馬楽神楽を拝観する。 鷲宮神社
(鷲宮町鷲宮)
宮司 相澤 力
1月15日(日)

13:00~16:30
 歩射神事を拝観。新春に際して豊年と除災を神に祈る。(16日は専修寺御正忌報恩講) 熱田神宮
(名古屋市熱田区)
宮司 小串和夫
1月29日(日)

14:00~16:30
 寛永寺の創建の意味と天海僧正がめざしたものに関する講話。 東叡山輪王寺門跡
(台東区上野公園)
輪番 杉谷義純
3月5日(日)

14:00~16:30
 武蔵野の古刹である深大寺の由緒・歴史・法要等についての講話。 深大寺
(調布市深大寺元町)
住職 谷 玄昭



このページの上へ戻る
トップページへ戻る 過去の催しものへ戻る




最終更新日:2016年4月5日

儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188WEB http://www.girei.jp/MAIL jimu@girei.jp