トップページ過去の催しもの平成15年度催しもの案内




平成15年度催しもの案内



A.儀礼文化講座B.儀礼文化教室C.儀礼文化セミナーD.儀礼文化研究会


 儀礼文化を体系的に学習するために、生涯学習カリキュラムに基づいて開講します。本講座は本科学習教科の各単元科目を学びます。生涯学習カリキュラムがご不明な方は、事務局までお問い合わせのうえ、資料をご請求ください。
 平成15年度は5月から毎月第2日曜日に開催いたします。

時 間専門講座 14:00~16:00 (第1回のみ16:20)
会 場儀礼文化学会 研修室
受講料会員の受講料は次のとおりです。
全10回/20,000円
前期後期分割/12,000円
単科 専門講座(120分)/2,600円

期日 内容 講師







5月11日(日) 仏教 仏教儀礼文化の成立と展開 大正大学 教授
藤井 正雄
6月8日(日) 武道 宮本武蔵の剣技伝承 國學院大學 教授
加藤  寛
7月13日(日) 儒教 性即理
―理気二元の思惟構造―
岐阜女子大学 教授
近藤 正則
8月10日(日) 歌謡 沖縄の歌謡と芸能 沖縄国際大学 教授
猪俣 恵一
9月14日(日) 俳句 俳句と漢詩 國學院大學 教授
波戸岡 旭







10月12日(日) 華道 華道文化史I 小原流 理事
由水 幸平
11月9日(日) 茶道 茶道文化史I へん流正伝庵 家元
岩田 宗龍
12月14日(日) くらしの民俗 樹木の民俗 武蔵野美術大学 教授
神野 善治
2月8日(日) 日本文学史 物語の歴史 高崎健康福祉大学 教授
豊島 秀範
10 3月14日(日) 儀礼文化の
思想
儀礼文化と日本文化 國學院大學 名誉教授
倉林 正次




 儀礼文化教室は、儀礼文化の各分野について、より専門的な教養を深め、自己研修を行う場として開催いたします。
 平成15年度は、『日本書紀』をテーマとして、全6回にわたって、意欲的な講義をうかがいます。
 9月より毎月第2水曜日に開講します(1月は除く)。

時 間14:00~16:00 (2月は13:00~15:00)
講 師國學院大學教授 中村 啓信
会 場高岩寺十福苑2階(とげぬき生活館) 山手線巣鴨駅下車徒歩5分
受講料年6回 7,500円

 テーマ 『日本書紀』に儀礼文化を探る


9月10日(水)
解題・天地創成の神話 神代巻
10月8日(水)
神武天皇東征と即位  神武紀
11月12日(水)
疫病の流行と神祀り   崇神紀
12月10日(水)
熊襲平定と思邦歌    景行紀
2月11日(水)
仏教の公伝        欽明紀
3月10日(水)
聖徳太子聖人伝承   推古紀
 古典を読もうというのならば最古の古典を読むべきである、というヨーロッパの名言がある。
 日本人にとっては『古事記』と『日本書紀』がそれにあたる。
 『古事記』は三巻で案内書や注釈書がいくつもあるが、『日本書紀』三十巻にはそれが少ない。
 古代史や古代文化への関心の高いわりに、根本文献の『日本書紀』は身近になりにくい。
 それを抜粋ではあるが、基礎から読んでみようと思う。
 あたかも1300年ちかくも読み継がれてきた『日本書紀』の伝統を践み襲うように。





 生涯学習講座カリキュラムの本科実習教科の各単元課目を学びます。
 見学会・体験学習を行います。

期日 単元科目 内容 会場・定員・参加費
6月28日(土) こころの文化
-神道-
神道祭式入門
 國學院大學にて神道の祭式の基本を学ぶ。
会場 國學院大學
  祭式教室
定員 30名
参加費 2,000円
7月5日(土) 美の文化
-料理-
辻留の懐石料理を学ぶ
 辻留主人の講義を受けたのち、懐石料理を味わう。
会場 辻留
定員 20名
参加費 15,000円
10月4日(土)
  ~5日(日)
こころの文化
-神道-
美の文化
-茶道-
 北野天満宮ずいき祭り還幸祭見学、表千家にて講話を伺い、茶室を拝観する。
会場 北野天満宮
表千家不審菴
定員 25名
参加費 39,000円
1月31日(土) 美の文化
-茶道/
古典遊戯-
正月の興
 呈茶と投扇興。
会場 明治神宮
  桃林荘
定員 30名
参加費 2,000円




 本年度は神社をたずね、見学ならびに研究会を開催します。
 各自1000円を徴収します。
 時間は14:00~16:30です。

期日 内容 会場・発表者
5月24日(土)  八幡神が宇佐から男山に進出し、源氏が八幡神を氏神とした起源に触れ、鎌倉から全国に流布した八幡神が、どんな姿で鎌倉の今につながっているか、また祭祀についても話してみたい。 鶴岡八幡宮
(鎌倉市雪ノ下)
宮司 吉田茂穂
6月14日(土)  氷川神社は武蔵国の名神大社として古代から崇敬をあつめ、300余の分社は荒川と多摩川の間に祭祀圏を形成している。氷川祭祀と歴史について話をする。 氷川神社
(さいたま市大宮区)
宮司 東角井晴臣
9月27日(土)  寒川大明神は、八方除の守護神として、地相・家相・方位・日柄・交通・厄年等に由来する全ての災禍を取り除き、福徳開運をもたらす御霊験あらたかな神様として信仰されている。御神徳について話をする。 寒川神社
(寒川町宮山)
宮司 多田一馬
11月29日(土)  本年は乃木神社にとっては、御鎮座八十年の記念すべき年にあたる。聖雄信仰が高まり、御鎮座に至った経緯と、その後の神社史について話したい。 乃木神社
(港区赤坂)
宮司 髙山亨
1月24日(土)  当社は源頼朝公の遅野井伝説の地に鎮座していることから、遅野井八幡宮とも呼ばれている。この地域の産土神として庶民に親しまれてきたことを中心に話をしたい。 井草八幡宮
(杉並区善福寺)
宮司 宮崎昌文



このページの上へ戻る
トップページへ戻る 過去の催しものへ戻る




最終更新日:2016年4月5日

儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188WEB http://www.girei.jp/MAIL jimu@girei.jp