トップページ儀礼文化ニュース総目次






 大晦日、形代に汚れを託して祓い、清々しい心で新年をむかえます。日本人のいつもかわらぬ姿です。「一年の計は元旦にあり」と、ふだんは特に気にかけない人達を含め、初詣をし、皆「おめでとう」と挨拶をかわします。今年も、あるいは今年こそは幸せでありたいと願う心が、ほほ笑みを、そして喜びをたたえ、言葉として自然にでてきます。「おめでとう」と繰り返し言葉を発し、言霊の作用によっておめでたくなろうとする無意識の予祝の心が、日本人の血肉のなかに、連綿と持続されています。古より、大地の恵に深くかかわってきた我が国は、作物の豊作が心の喜びなのです。多くの種類の芸能で演ぜられてきた「翁」はこの予祝の願いと祈りを具現化した代表です。
 能の『翁』は、年の初めに多く上演されます。シメで飾られた能舞台自体、一種の結界です。能にして能にあらずといわれている『翁』は特別の儀式曲として位置づけられています。千歳が場を清める舞のうちに、シテ方の翁役は白式尉の面(おもて)をつけます。天・地・人の足拍子を踏み、天下泰平を寿ぎ、国土安穏を祈り、大地のすみずみまで踏み鎮めます。また狂言方担当の三番三(叟)は、揉の段では高く飛ぶ鳥飛びという型もあり、鈴の段では黒式尉の面をつけ、鈴を振って舞います。象徴的な白式にたいし、黒式の三番三(叟)は農耕の五穀豊饒の祈りを写しだします。まさに悪霊を鎮め、実りの精霊を呼び起こすがごとく予祝を現出します。「翁」の芸能は、人々のいつの世にもかわらぬ心願の凝縮した姿なのです。

平成14年1月〜2月のトップページの記事です。



このページの上へ戻る
トップページへ戻る 総目次へ戻る