トップページ儀礼文化ニュース総目次竹富島種子取祭




竹富島種子取祭



 沖縄の那覇空港から石垣島まで50分、そして石垣の港から竹富島まで12分。竹富島は、石垣島の前に浮かぶ周囲9キロの平らな島で、民謡では「お盆の島」と歌っている。竹富島は、玻座間集落と仲筋集落を併せても、300人ほどの静かな島である。
 秋のタナドゥイ(種子取祭)になると、竹富島はにわかに活気づく。タナドゥイは、種子蒔きの祭である。暖かい南の島は、晩秋に種子を蒔いて、翌年の初夏に収穫する。その秋が来たのである。
 祭の当日は、石垣島・沖縄本島・本土からの帰省客と観光客が大勢やって来る。初日は玻座間集落の奉納芸能である。早朝の儀式、そして庭の芸能、舞台の芸能と続く。夕方に始まるユークイは、夜明けまで各家々を廻って歌い躍る。二日目は仲筋集落の奉納芸能で、前日と同じように進行する。2日間で、70演目以上の芸能を奉納する。
 写真は、庭の芸能として奉納されるウディボー(腕棒)である。仲筋の女性たちが、力強く戦う踊りである。総勢20人あまりの女性たちが二手に分かれて、腕を棒に見立てて戦う。気合もろともに、腕と腕を組んで相手を振り回したり、跳び上がったり、力強く大地を踏んだりする。この「腕棒」は、かつて玻座間の男子の演武だったが、戦後になって、仲筋が譲り受けて女性が演じたところ、祭り最大の人気演目になった。
 来年の種子取祭は、11月18日・19日となっている。

平成13年11月〜12月のトップページの記事です。



このページの上へ戻る
トップページへ戻る 総目次へ戻る