トップページ儀礼文化ニュース総目次鶴岡八幡宮の神事流鏑馬




鶴岡八幡宮の神事流鏑馬



 流鏑馬といえば鶴岡八幡宮の流鏑馬といわれます。
 鎌倉では春と秋に流鏑馬が行われます。春の鎌倉観光協会主催の流鏑馬は武田流、秋の鶴岡八幡宮例大祭の流鏑馬神事は小笠原流です。
 源家の流鏑馬としては文治三年(1187年)八月一五日、源頼朝公が鶴岡八幡宮において初めての放生会に際してを行ったのが始まりです。『吾妻鏡』に、八月四日には射手ならびに的立などの役が選ばれ、熊谷直実が的立役を拒んだため所領の一部を召されたことや、また一九日の項には、流鏑馬の射手などについてに詳細に記述されています。
 この流鏑馬神事、射手諸役定めは八〇〇年を越えた現在でも往時を偲ばせる厳格な儀式として行われています。本年も九月二日に吉田茂穂宮司以下祭り員、諸役、射手が研修道場に参集し、射手・諸役定めの儀が執り行われました。一六日の本番には、鎌倉時代の装束を着用した射手三名による流鏑馬と、江戸時代八代将軍徳川吉宗公の命により、古式騎射を工夫した新儀式としての騎射挟物の式十数番が行われます。
 本年は日英両国の友好を目的とした、日本文化を紹介する「JAPAN2001」が、五月から来年三月までイギリスで開催されています。この開催行事として五月一九日にロンドンのハイドパークの特設馬場において、鶴岡八幡宮の流鏑馬が催行されました。二〇日には両国皇太子殿下のご台覧を仰ぎ、流鏑馬射手三名、騎射挟物射手一一名の演武が行われましたが、基本どおりの厳格な所作、的中に皇太子殿下よ