トップページ儀礼文化ニュース総目次三島の夏祭り




三島の夏祭り



 三嶋大社では、古来、四月・八月・十一月の二の酉の日に大祭が行われた。治承四年(一一八〇)八月十七日、源頼朝が挙兵をはかったその日が、八月ひのととり丁酉、すなわち二の酉の大祭の日であった。のちに、明治四年(一八七一)新たに社格の制定が行われ、三嶋大社は官幣大社に列格され、八月十六日を例祭の日と定め今日に至っている。
  現在は、この例祭を挟んだ十五日から十七日へかけて、各種の神事や神賑行事を行っている。十五日には、境内社の若宮神社祭をはじめ、菅奉納祭・宵宮祭・献灯報告祭があり、例祭の行われる十六日には、珍しい手筒花火神事があり、十七日には、崇敬会大祭・流鏑馬神事・後鎮祭が催される。またその間に、各種の神賑行事や奉納行事が境内で行われる。
 一方、三島市では、源頼朝旗挙出陣式をはじめとした種々のイベントを実施し、街の振興を図っている。この例祭の三日間は、正月と共に三島市街が賑わう時であり、一般に「三島夏祭り」と呼んでいる。  
  なお、この期間は、社頭をはじめ、市内各所に各町の山車が出て、「みじまばやし三嶋囃子」(静岡県指定無形民俗文化財)の競演を繰り広げる。かつては深夜に至るまで町毎に演奏を競い合った。厳粛に行われる杜の祭りと、それは対照的であり、例祭期間を彩る夏の風物詩として知られている。


平成13年7月~8月のトップページの記事です。



このページの上へ戻る
トップページへ戻る 総目次へ戻る




一般社団法人儀礼文化学会  〒160-0012東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188WEB http://www.girei.jp/MAIL jimu@girei.jp