儀礼文化学会
Google


~日本文化のカタチとココロをさぐる学会~
日本には「儀礼文化」と呼ぶことのできる文化があります。例えば茶道・華道・香道・礼法・料理。また、祭りや民俗芸能、年中行事。そして神道や仏教などの宗教。共通するのは、カタやカタチをもって表現される文化ということです。この学会は、そうした「日本文化のカタチとココロ」についてご興味をもつ方であれば、どなたでも参加することができます。

五つの提言
△日本文化の形と心を探ろう △生活に季節を織り込もう △わが家の年中行事を作ろう
△子どもたちに伝統文化を伝えよう △ふるさとの祭りや行事に参加しよう

information

お知らせ

  • 儀礼文化講座 令和元年度第6回の講座は、2月9日(日)【儒教】『論語』と古礼と(講師:國學院大學教授 石本道明氏)」です。会場は前回と異なり、儀礼文化学会研修室となります。
  • 儀礼文化セミナー 令和元年度第3回のセミナーは、1月11日(土)【能狂言】「能狂言の鑑賞」です。国立能楽堂(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 JR中央・総武線「千駄ケ谷駅」より徒歩5分/都営地下鉄大江戸線「国立競技場駅」A4出口から徒歩5分/東京地下鉄副都心線「北参道駅」出口1から徒歩7分)での開催となります。
  • 研究会 令和元年度第2回は、令和2年2月23日(日・祝)13:30~16:30に開催します。内容は未定です。詳細な情報は、決まり次第お知らせいたします。会員の方も、会員でない方も、ご興味のある方はぜひご参加ください。→研究会のページ
  • 学会事務局は毎週火・水・金曜日の開室です。

刊行物

  • 平成30年3月30日(金) 『儀礼文化学会紀要』第六号発行。
  • 令和元年9月15日(日) 『儀礼文化ニュース』215号発行。
  • 令和元年6月15日(土) 『儀礼文化ニュース』214号発行。
  • 平成30年度の『儀礼文化ニュース』の総目次はこちら
  • 平成29年度の『儀礼文化ニュース』の総目次はこちら
  • 平成28年度の『儀礼文化ニュース』の総目次はこちら
  • 平成27年度の『儀礼文化ニュース』の総目次はこちら
  • 平成26年度の『儀礼文化ニュース』の総目次はこちら

更新情報

令和元年12月10日(火)
儀礼文化研究会のページ最新トピックスのページ等を更新しました。儀礼文化研究会は、平成25年度から現在までのデータを掲載しました。過去の研究会についての掲載は、いったんここまでといたします。
令和元年12月8日(日)
このページの「お知らせ」、儀礼文化研究会のページ、儀礼文化歳事記のページ等を更新しました。
令和元年12月3日(火)
このページの「お知らせ」、儀礼文化研究会のページ等を更新しました。
令和元年11月19日(火)
このページの「お知らせ」等を更新しました。
令和元年9月17日(火)
このページの「お知らせ」及び、「トピックス」、「儀礼文化歳事記」の「二本松の提灯祭り」等を更新しました。
令和元年7月15日(火)
このページの「お知らせ」を更新しました。
令和元年6月25日(火)
このページの「お知らせ」(研究会)を更新しました。「トピックス」のページを更新をしました。
新たに、儀礼文化研究会の紹介ページを作成しました。
令和元年6月11日(火)
このページの「お知らせ」を更新しました。「儀礼文化歳事記」の「浜降祭」の更新をしました。
令和元年6月4日(火)
このページの「お知らせ」を更新しました。更新情報の昨年度分を削除しました。遅くなりましたが、「儀礼文化歳事記」の「春の高山祭り」の更新をしました。
平成31年4月2日(火)
昭和56年度の『儀礼文化ニュース』の総目次を掲載しました
平成31年3月26日(火)
このページの「お知らせ」を更新しました。新年度(平成31年度)の予定を掲載しました。
平成31年3月19日(火)
平成30年度の『儀礼文化ニュース』の総目次を掲載しました。『儀礼文化ニュース』の総目次は今後、過去にさかのぼって更新する予定です。
平成31年3月12日(火)
平成31年度の催しものを掲載しました。
平成31年2月19日(火)
過去の催しもののページに平成30年度のものを追加しました。平成31年度の催しものにつきましては、3月15日以降、更新の予定です。今しばらくお待ちください。
Copyright©2019 The Society for Ritual Culture all rights reserved. 



最新トピックス
↑「儀礼文化ニュース」1面記事
儀礼文化とは?

〒160-0012
東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188
FAX 03-3355-4184
事務局開室:火、水、金曜日
    9時30分~16時30分
E-MAILはこちら  



儀礼文化学会までの行き方はこちら


協働プロジェクト