儀礼文化学会
Google


~日本文化のカタチとココロをさぐる学会~
日本には「儀礼文化」と呼ぶことのできる文化があります。例えば茶道・華道・香道・礼法・料理。また、祭りや民俗芸能、年中行事。そして神道や仏教などの宗教。共通するのは、カタやカタチをもって表現される文化ということです。この学会は、そうした「日本文化のカタチとココロ」についてご興味をもつ方であれば、どなたでも参加することができます。

五つの提言
△日本文化の形と心を探ろう △生活に季節を織り込もう △わが家の年中行事を作ろう
△子どもたちに伝統文化を伝えよう △ふるさとの祭りや行事に参加しよう

information

お知らせ

  • 儀礼文化講座 平成30年度の第8回目は3月10日(日)開催の【儀礼文化史】祈りの儀礼より、もてなしの文化へ(講師:国立歴史民俗博物館教授 松尾恒一)です。
  • 儀礼文化セミナー 平成30年度儀礼文化セミナーは終了いたしました。次年度の開催をお待ちください。
  • 研究会 平成30年度も年2回開催予定です。第1回目7月21日(土)14:00~17:00、儀礼文化学会研修室にて開催しました。発表は、筑波大学大学院人間総合科学研究科世界文化遺産学専攻・山川志典氏「『物語』の伝承における地域遺産制度の役割―遠野遺産認定制度と認定太宰府市民遺産を事例に―」と、千葉大学大学院博士課程・阮将軍氏「湖南省の少数民族 花瑤族の伝統の服飾文化―儀礼との関わりに注目して―」でした。
    第2回目につきましては、平成31年2月24日(日)14:00~17:00、儀礼文化学会研修室にて開催の予定です。発表は、国立歴史民俗博物館教授・松尾恒一「香港坪洲島の天后宮における中元・盂蘭盆行事の考察―媽祖振興と道教儀礼による先祖祭祀を中心として」と、國學院大學教授・浅野春二「台南道教の祭薬王儀礼について」です。会員外の皆様の飛び入りも歓迎(事前申込不要です)いたしますので、ご興味のある方はぜひご来場ください。
  • 学会事務局は毎週火・水・金曜日の開室です。

刊行物

  • 平成30年3月30日(金) 『儀礼文化学会紀要』第六号発行。
  • 平成30年12月15日(土) 『儀礼文化ニュース』212号発行。
  • 平成30年9月15日(土) 『儀礼文化ニュース』211号発行。
  • 平成30年6月15日(金) 『儀礼文化ニュース』210号発行。
  • 平成30年3月15日(木) 『儀礼文化ニュース』209号発行。
  • 平成29年度の『儀礼文化ニュース』の総目次はこちら
  • 平成28年度の『儀礼文化ニュース』の総目次はこちら
  • 平成27年度の『儀礼文化ニュース』の総目次はこちら
  • 平成26年度の『儀礼文化ニュース』の総目次はこちら

更新情報

平成31年2月10日(日)
このページのお知らせを更新しました。
平成31年1月22日(火)
このページのお知らせを更新しました。
平成30年12月4日(火)
儀礼文化歳事記最新トピックスを更新しました。
平成30年11月27日(火)
このページのお知らせを更新しました。
平成30年10月14日(日)
このページのお知らせを更新しました。
平成30年9月30日(日)
このページのお知らせを更新しました。
平成30年9月11日(火)
儀礼文化歳事記最新トピックスを更新しました。
平成30年7月8日(日)
このページのお知らせを更新しました。
平成30年7月3日(火)
暑い日が続きます。このページのお知らせを更新しました。遅くなりましたが、儀礼文化研究会の第1回の内容を掲載しました。
平成30年6月12日(火)
このページのお知らせを更新しました。
平成30年4月17日(火)
このページの昨年度分の情報を削除しました。
平成30年3月26日(火)
儀礼文化ニュースの総目次を更新しました。平成29年度は、こちらのページでご覧いただけます。
『儀礼文化学会紀要』第六号の目次を掲載しました。
Copyright©2018 The Society for Ritual Culture all rights reserved. 



最新トピックス
↑「儀礼文化ニュース」1面記事
儀礼文化とは?

〒160-0012
東京都新宿区南元町13-7
TEL 03-3355-4188
FAX 03-3355-4184
事務局開室:火、水、金曜日
    9時30分~16時30分
E-MAILはこちら  



儀礼文化学会までの行き方はこちら


協働プロジェクト